• 税理士 桂田 隆史

生命保険料と会社設立

滋賀で最も有利に会社設立するサポートをしている滋賀会社設立センターです。


会社を作るメリットの一つとして生命保険料があります。


会社の経営者の方は大きな責任を担っています。

そして、会社で借入などを行う際にでも、個人保証という形で金融機関より

担保に入る形が多くみられます。


経営者の方は、会社の借入金が返済出来ないと、経営者の個人の自宅も取り上げられてしまうのです。


個人事業の際も、同様なので、生命保険に加入しておられた準備万全の方もおられると思います。


しかし、個人事業であれば、生命保険料は、経費になりません。生命保険料控除として、年間いくら支払おうが、12万円までの所得控除しかありません。


法人であれば、もちろん、保険の中身にもよりますが、契約者を法人、受取人を法人、被保険者を経営者とすることで、会社の経費にする事が出来ます。もちろん、完全な貯蓄性の保険などは、経費になりませんので、会社を作る際には、どのような保険を会社に移す、または加入すべきなのかを、しっかり検討しなければなりません。


すべての保険を法人名義にすると、個人で保険を受け取る事が出来ないという悲惨な事態もあります。


滋賀会社設立センターでは、法人を設立する際には、上記を検討した上で、どう保険を扱うべきかをすべてサポートしています。これは、税務、そして保険に精通する滋賀会計設立センターの強みの一部です。


是非、滋賀、大津市、高島市、草津市、野洲市、栗東市、守山市で会社を設立、法人成を検討しておられるお客様は、滋賀会社設立センターまでお気軽に御相談下さい。


最も有利な設立方法をご提案致します。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示