• 税理士 桂田 隆史

金融機関の融資は法人と個人どちらが有利?

滋賀県大津市、草津市、高島市、栗東市、守山市で法人を設立する、個人事業の法人成りを専門的にサポートしている滋賀会社設立センターです。


会社が大きくなっていく際に、必ず避けて通れないのは、銀行からの融資です。


事業が大きくなっていく際、必ず手持ちの資金だけでは、大きな仕事を受けれなかったりすることが多々あります。では、その仕事を断ることは、成長企業であれば得策ではありません。やはり、行うべきです。


となると、必ず金融機関との付き合いが必要になります。


では、金融機関から見た場合、個人事業と法人ではどちらが融資し易いのでしょうか?


勿論、財務内容、決算内容などが、重要視されるので、一概にどちらが有利とは断言出来ないのですが、どちらかと言えば法人が有利になります。


一番大きい理由は、法人の場合であれば、法人単体での担保と、法人経営者の担保を二つ確保出来る事が大きな理由になります。


融資する側からすれば、担保が多ければ多いほど、融資の審査を通しやすくなります。


滋賀会社設立センターでは、法人を設立、会社を作った後の会社経営もサポートしています。事業計画、経営計画、資金繰り、銀行融資、まとめて、当社にお任せください。

6回の閲覧0件のコメント